人生は修行

あるカウンセラーさんが言っていましたが、悩みを消す方法などこの世の中にはないのだとか。なので「なんとかして欲しい」と相談を持ち掛けられた時には、「この世は万事修行です」とお答えになるそうです。私たちはこの修行をするために生まれてきたのですから、大なり小なりいざこざもあって当然、それが生きているといった証と説くそうです。

人間結局その悩みを克服することによって、一回り大きくなったり晴れやかな気分になれるのだから。まあわからないわけでもないのですが、いろいろなことが起きることが人生なのですね。

友人が最近になってスキマ時間を使ってアルバイトを始めたのですが、短時間で高額報酬をゲット、と調子のいい言葉の吊られて始めたのはいいのですがいざ現実はさっぱりでもうやめたいとか言っていました。メールレディという仕事、こんな風に宣伝されています

まあこれも人生なのでしょう。だかカウンセラーさんの話に戻りますが、「自分から悩みを作り出す人」が世の中にはとてもい多いそうです。悪い方に悪い方に勝手に自分を追い込んでしまう、妄想してしまうわけですね。

これはなんとなくわかるような気がします。では楽観的になればいいのかでもありませんが「やってみればなんとかなる」ものです。メールレディを始めた彼女も続けてさえいればこの先いいことだってあるのでしょう。

それから人間関係をよくしたい、と思ったらピンク・青・白の三色を使ったハンカチを持つといいそうです。それぞれ愛情・冷静・純粋の意味があるそうで、さらに水玉模様があれば、円は縁、人と人を結んでくれるといった意味もあるのだとか。

逆に赤には注意、闘争心を掻き立てる意味で使うのはいいのですが友人との関係をギクシャクさせてしまうといった意味もあるそうです。財布もそうですね、赤い財布は「赤字」を誘うのだとか、気を付けましょう。

筋肉を増やせば代謝は増えるものなのか

代謝をよくするには筋トレがいい、こんなことを聞いたことがありませんか。しかしなぜですか、と聞いてみるとも満足な答えはなかなか得ることはできません。代謝がいい、この場合の代謝とは普通、基礎代謝をさします。

代謝にはこのほかに生活代謝と食事代謝があるのですが、この基礎代謝の占める割合が70%。したがってこの代謝をよくすることがポイントとなるのです。

しかし基礎代謝とは安静時、それも身体を横たえた状態におけるエネルギーの消費量や摂取量のことです。基礎代謝における筋肉の消費量は全体の30%ほどです、なので影響はないとは言えませんが最も注目すべきは不随意筋のほうです。

不随意筋とは手足と違って自分の意思では動かす出来ないもの、内臓などがそうですね。消化吸収、血行などが基礎代謝には大きく影響を与えます。

また「摂取と消費」という観点から見ればどうでしょう。人間年を取ればパワーも低下し、若いころほどのエネルギーは不要となりますね。でも若いころと同じ量を食べれば明らかに過剰摂取です。ここでのポイントはバランスです、また運動不足も置きな要因です。

こういったことから見ると、筋トレもたしかに効果的ではありますが、自律神経の働きを促すことや栄養をしっかりと吸収できる内臓の働き、また血行促進といったこともとても大事なことであることがわかります。

また筋トレというとハードなものを想像しがちですが、ストレッチやウォーキングといった軽いものでも「習慣」として取り入れれば、十分な効果が期待できるかと思います。

ただこれから薄着の季節ですね、ガリガリにやせ細る必要などありませんが、健康的でカッコいい体作りに取り組むには今がとてもいい時期です。

またどうせ取り組むのなら自己投資と思いお金をつぎ込むのもモチベーションの一つ、ただ「本気」にならないと意味がありませんが。

結果にコミットするで有名な某ジムの家庭用プログラムなどいかがでしょうか。

筋トレダイエット 無理なく続けましょう

私は筋トレダイエットを行う事によって、大きく体重を減らすことが出来ました。成果は半年で15キロ程度だと思います。それほどの成果を上げられた秘密はずばり、筋トレとダイエットの有効的勝つ密接な関係を知っていたからだと思います。というのも、私は筋肉は脂肪よりもエネルギーの消費が大きく、痩せるためには筋肉を付ければ良いと、ダイエットに成功した友人から聞いていたのです。私はそれを信じて、筋トレに打ち込みました。

といっても初めから過酷なトレーニングを行っていたのでは長続きしません。初めは可能な程度の腕立てや腹筋などを行っていました。それも、続けて多くの回数を行う事はできませんので、一日の全体でどれだけの回数をこなすと、ノルマをある程度考えておいて、時間をかけて休憩しながら行っていったのです。そうすると、時間はかかりますが、一日にトータルで目標の回数をこなすことは楽になりました。

そしてすこしずつ、すこしずつ、一日に行う筋トレの回数を増やしていくのです。家にどこか釣り下がれるところがあれば、懸垂も行えますし、何かしらの重りを持ってからの腹筋も有効です。少し少しではありますが、筋トレを行うことによって、確実に体重が減っていくのが大きなモチベーションになりました。また、通常のよくある筋トレを行うのと同時に重視したのが自転車によるダイエットです。

自転車というと、一見して足だけしか動かさないようにも思えますが、その実全身の筋肉を使ってバランスを取っています。ある程度の時間を乗っていれば、ほどよく体を鍛えられるのです。サイクリングは、ウォーキングよりも体力を使い、ランニングほどの疲労感もないので続けやすくあります。私は毎日一時間を目標にして自転車で走り続けました。

腹筋や腕立て伏せといった筋トレは主にして上半身を鍛えます。しかし、自転車ならば、かなり敷居が低く下半身を鍛えることもできるのです。わたしはそれで、引き締まった足を手にいれました。一度走ってしまえばその距離だけ戻らなければならず、否応にもそれなりの距離を走れるので、続けられるか心配という人にもお勧めです。そういった筋トレで、得た筋肉はダイエットを行う上での大きな財産になります。

維持することができれば、エネルギーの消費も多いですから、リバウンド防止の役目も果たします。是非とも筋トレダイエットに挑戦してみてください。重要なことは、無理なく続けていくことです。

ダイエットがやっと成功しそうです

桐谷さんより

27歳で身長は157センチ、体重は74キロでした
私が、ダイエットを始めたきっかけは、今まで着ていた服が入らなくなった事にショックを受けた事からでした。その時は、27歳で身長は157センチ、体重は74キロでした。体形はもう、ドラエモンみたいで体調はいまいちすぐれない日々が続きました。まず、朝ごはんをその時摂っていなかったので昼と夜だけ食事をするという危ないダイエットをしていました。確かに、5キロほど痩せましたが・・・体はフラフラで貧血もあってもう倒れそうでした。結果は、リバウンドしました。

で、次は水分を極端に減らして、お菓子もとらない食事だけはするというダイエットをしました。これもまた痩せましたが・・・やっぱりリバウンドしました。痩せるサプリ、運動など手あたり次第やりました。ただ、「急激に痩せるサプリ」などは手を出しませんでした。痩せるサプリがきいて、7年後くらいに64キロまで痩せました。そうして、「やっと痩せた」と安心しきっていました。すると油断したのか徐々に体重が増えてきました。運動(腹筋、背筋、散歩)などをしても、体重が変わらないだけで痩せる事はなかったです。「あーこのまま太ったままなのかな」半分あきらめの気持ちでいました。

食べ物を食べても食べてもずっと足りない時期が続いていました。精神的にもかなり追い詰められていました。外を(特に夏なんかは)歩いたらなんか恥ずかしいし、自分に自信もだんだん持てなくなって、自暴自棄の時期が続きました。貧血は相変わらずありました。腰痛もありました。便秘に悩んだ事もありました。ある日健康診断を受けました。4年前くらいでしょうか。診断で「ウエストをもうちょっと減らした方がいいね」と言われて、お菓子は食べていましたが、ウエストにきく体操をしたりして、3キロを1年で減らしました。

しかし、次の年は、また6キロも増えてしまいました。そのころはもう開き直っていましたが、「体調も悪いし風邪もひきやすいしなんとかならないものかな」と、ネットで緑茶、黒豆茶、紅茶がストレスや風邪予防に良いと書いてあったのでさっそく購入して飲んでみました。お茶に慣れたんでしょうか。お菓子も自然と食べなくなり、ジュースもあまり飲まなくなり、動くようになりました。すると、1年ちょっとで、15キロ痩せました。まだまだ油断しないで標準体重を目指そうと思います。痩せる予感がします。体重、体型で悩んでる方一緒に頑張りましょう。ちなみに体調も良くなりました。

体験談 筋トレのおかげで男らしい体つきになりました

28歳会社員、田口さんより

割と見た目には気を使っている私。ファッションや髪型、あとは美容にも結構力を入れています。どうでしょう、最近じゃあメンズの美容に対する意識は随分と高まってきましたが、私は、その”はしり”だという自負があります。10代のころから紫外線対策をしていますし、化粧水や乳液も普通に使ってきました。なので、女性陣からも「すごいきれいな肌してるね」なんて、ちょっとチヤホヤされてたものです。とまあ、こんな感じで、メンズにしては美容に気を使っている私ですが・・。

体型に関して言えば、ちょっと納得していないんですよね。ちなみに、私の身長は172センチで、体重は59キロと、数値だけ見るとかなりスリムです。ただ、数値とは裏腹に、そこまでスリムな見た目をしていないんですよね。どこかポチャッとしていて、こう、シャープネスに欠けています(ちなみに体脂肪率は23%程度)。とりわけ、フェイスラインのシャープネスは全くありません。顔だけを見ると、太っているようにも見えます。なぜなのでしょうか。体重はかなり低い値を維持しているのに・・。とまあ、このジレンマに悩んでいたところ、あることに気づきました。それは、自分には筋肉が全く培われていないということです。

そこで、一念発起して嫌いな筋トレを始めたところ・・。かなり端正な顔つきになり、体重に見合った、スリムな体系を手に入れることができたのでした。あと、筋トレを始めてから姿勢もよくなった気がします。思い返してみると、それまでの私は、筋肉が全くなかったものだから、常に猫背で、だらしのない姿勢を維持していたものです。それが、筋トレ(腹筋、背筋、腕立て、それぞれ10回を3セット、)を始めたところ、腹筋と背筋と胸筋がバランスよくつき、正しい姿勢を長時間キープできるようになったんですねえ。そういう状態で、日々生活していると、自然と体型やフェイスラインが洗練されていくのです。

ちなみに、私の場合、3か月ほどで目に見える効果が表れました。ただ、体重自体はそれほど変化はありませんでした。前述したように、もともと体重は低かったですからね。これ以上落とす必要はなかったのです。ただ、体脂肪率は、随分と落ちました。今では10%前後を維持しており、いわゆる細マッチョの体形になっていますよ。そういえば、以前何かの番組で見ましたが、姿勢の悪い人というのは、顔に肉が付きやすいそうですよ。なので、私のように体重自体はそこまで重くないのに、なぜかシャープネスに欠ける、という方は筋トレをやってみると、劇的な変貌を遂げることになるでしょう。理想の自分に出会えるので、やってみる価値は十分にあると思いますよ。

それに、筋肉がつくと、男としての自信も培われますし、何より体力もつくので、ちょっとやそっとのことではへたばったりしなくなりますよ。

体験談 無理のないダイエットを実行することをおすすめします

ダイエットを始めたきっかけ・理由はと言いますと、私は数年前に急激に太ってしまい、1年で11キロ太ってしまいました。もともと痩せている体型ではなく、身長的に見ると、平均体重くらいでした。なので、もともと太ってはいる感じでしたがそこからストレスでバカ食いをしてしまい、1年で10キロオーバーで太ってしまいました。

なので、これはこのままにしているとまずい!と思い、ダイエットを決意しました。その時の年齢や身長体重、体型、体調などもお伝えします。ダイエットを始めたのは24歳で身長は147センチ、体重は58キロでした。体調は、そこまで崩れておらず、少し体力がない感じの状態が続いていました。どんな方法でダイエットに取り組んだのかといいますと、仕事がある日はお昼ごはんをランチパックを1個だけ食べることにしていました。

また、以前より間食をする量を控えました。また、他には仕事が終わったら無理のない程度で散歩をするようにしました。他にはスマホの無料アプリでダイエットアプリをダウンロードし日々体重を測りグラフで体重を確認していました。

また、他には、夜ご飯は午後6時を過ぎたら極力食べないようにしていました。あとはもし外食をしたら次の日は体重を元の数値に戻すために食事の量を抑えていました。結果はどうなったかといいますと、体重が13キロ減りました。ピーク時からジャスト13キロ減という感じです。

今思うことや読者へのメッセージなどはあるかといいますと、今思えばストレスがあっても食事やお菓子をたくさんやけ食いしなければ良かったと思いました。また、今回ダイエットをしてみて一ヶ月に1~2キロずつ減らすことは思ったより実行出来るなと思いました。

ダイエットは始めた最初はお腹が空いたり精神的につらいですが、続けていくとその生活が慣れてきて少しずつ無理なく痩せることが出来てきます。また、その時も短期間で痩せるのではなく無理なく少しずつ痩せることが個人的にオススメです。

ダイエットは女性なら誰でも実行したいと思うことですが、自分の体が無理な状態になってしまうのは避けたほうが良いです。なので、自分の体や仕事生活、学校生活で無理のない程度でダイエットを実行することをおすすめします。

腹筋運動、してますか

腹筋を鍛えることについて得られるメリットについて解説されている本を読んできました。感じたままを開いてみます。

お腹がへこむそうです
腹筋を行って簡単にお腹がへこむと思っている方も多いのではないでしょうか。筋肉を鍛えることはいいことですが、余計な脂肪は腹筋だけでは落とせません。ただしっかり腹筋に負荷をかけてトレーニングをしなければ、キレイに割れた筋肉は姿を見せてはくれません。

有酸素運動と並行して行いましょう、また男性の場合はもともとお腹に脂肪がたまりやすく、というか溜め込むような作りになっています。

ただその分、胸や腕にはつきづらくなっています。無理な食事制限んでいくら体重が落ちても、それはまず筋肉が失われた結果であることを知っておきましょう、お腹はへっこむのかもしれません、しかしべったりと脂肪に覆われたお腹では格好も悪く、とてもクビレなど浮かんでは来ません。

姿勢がよくなるようです
お腹かがキュッとした感覚があると見た目はどうか知りませんがきっとご自身の自信にはなるはずです。そうなれば自然背筋も伸びることでしょう、姿勢がよくなることも理にかなっています。無理してガリガリに痩せたところ、背中は曲がり猫背になりがち、空腹のストレスからイライラする姿には美しさは感じられません。

美肌効果もあるそうです、なんででしょうか
腹筋をトレーニングすることによって、胃腸が下がってくることを防ぎ、正しい位置で安定させるといった効果があるからなのだとか。本当でしょうか、あまり聞いたことがありません。ではなんで美肌効果なの、となりますね。胃腸がしっかり正常に機能するからです、とのこと。まあたしかに正常に機能すればねえ・・・。すこし強引過ぎるかもしれません。

日ごろの運動不足を解消できるそうです
「腹筋運動」ときくと普通あの地味な繰り返し運動がイメージされるのではないでしょうか。仰向けになり足を固定して、状態を起こすことを繰り返すパターンですね。しかし腹筋運動はとてもバリエーションが豊富です、お腹だけでなく脚や腕またストレッチのような全身のひねりなど、上半身と下半身をつなぐのが腹筋なんですから、ある意味ここをしっかりトレーニングすることは全身運動にもなるようです。